子ども向けプログラミングワークショップのご紹介

2020年度より小学校の義務教育となるプログラミング。
小さいうちから遊びの中に取り入れて、慣れておきましょう!

カリキュラム

・Viscuit
(ビスケット/ビジュアルプログラミング/http://www.viscuit.com/
タブレット端末を利用して直感的なひらめきを表現できるのが特徴です。
ビジュアルプログラミングインストラクター(ファシリテータ)資格を保持しております。

ワークショップの内容

イベントなどで、約1時間、8名から10名を定員として、
タブレット端末を用いたワークショップを開催することができます。
対象年齢は幼稚園生から小学校4年生くらいまでに最適です。
親御さんと一緒に触れ合いながら、IT技術に親しむことができます。
設備としては、参加人数分のタブレット端末、wi-fi通信ネットワーク、電源、大きめのモニター(テレビ)もしくはプロジェクターが必要となります。
屋外で実施した実績もございますので、状況に応じて、ご相談いただければ対応いたします。
詳細はお問い合わせフォームからお声がけください。