子ども向けプログラミングワークショップのご紹介

2020年度より小学校の義務教育となるプログラミング。
小さいうちから遊びの中に取り入れて、慣れておきましょう!

カリキュラム

・Viscuit
(ビスケット/ビジュアルプログラミング/http://www.viscuit.com/
タブレット端末を利用して直感的なひらめきを表現できるのが特徴です。
・Scratch
(スクラッチ/コンピュータリテラシー/http://etoys.jp/scratch/scratch.html
教育テレビの番組で用いられ、パソコン端末を利用して論理的な思考を形にできるのが特徴です。

基本方針

ワークショップの中ではどちらにも触れられるよう環境を準備致します。
どちらの言語にお子さんが興味を持つかも、
親御さんにとっても新たな発見のきっかけになるかもしれません。
また、どちらかに優劣があるということはまったくありません。
飽くまでも、ITやその技術に触れる機会を提供し、
たのしいものだと感じていただくことを目的としています。
ビジュアルプログラミングインストラクター(ファシリテータ)資格を保持しておりますので、ご安心ください。